株式会社土田建築設計事務所 福島県 須賀川市

住宅設計:私の幸せであり、誇りです!

三瓶

私の家は、平成16年12月に竣工いたしましたので、かれこれ8年位経ちました。

三瓶邸全景

土田先生とのお付き合いは、9年ほど前遡ります。

 

共通の友人であり、私の会社の大先輩から、「家を建てるなら、土田先生に依頼しろ!実直な方だから。」と紹介を受けました。

 

初めてお会いした時の印象は、真面目で実直。ごまかしの無い方だという印象を受けました。

 

びっくりしたのは、図面が手描きであった事です。コンピュータの図面は合理的かもしれないけど、手描きの図面には、線一本、一本に想いが入っていて…。

三瓶邸建て主

そして、一番大切な事かも知れませんが、「家に対しての哲学」を持っていました。

 

かねてから私は、

 

家は、人が長く住まうもの。

100年体系で使い続け、3世代住まうこと。

そこには、祖父母・父母・子供と縦の繋がりができる。

その事が、本来の経済的で省エネの経済圏を造るものと考えているが…。

そして、昨今多い、コンクリートの冷たい箱に入って暮らすものなのか?

三瓶邸照明

今は、手段が目的になってしまっていますよね!

 

家とは何か?目的を見直す生き方が大事です。

それらをうまく演出できるのがポイントではないか?と私自身思います。

 

私共が住んでいた住宅は、築70年を経過した、木造の日本家屋でした。

 

私の自宅では、先祖から伝わった木材を小屋材に使用しています。

玄関隣接の居間の天井材です。

先代の家が火事にあった時に、この木を担いで川を渡ってきました。

この事は、両親や巣立っていった私の兄弟には喜ばれています。

やはり、巣立っていった人間の想い出も大切にしたいですね。

三瓶邸中庭

工事中の想い出も沢山あります。

床下に炭素セラミックを敷きつめ、銅線を結線して電気を導電させ、アースをとりました。私はもともと電気の技術者なので、真夏に麦わら帽子に下着姿で作業を行いました。楽しい思い出ですよ。

炭素セラミックの効力なのか、

介護が必要な母がおりましたが、生活臭も殆ど気になりませんでした。

 

住宅で特に気に入っているところは、無垢材を使った床が大好きです。

やわらかくって、冬、暖かくて。

夏は、建物全体に、風が通り抜けるのでエアコンを使用した事はないです。

 

掃除は、私が毎朝、行っています。

かれこれ、8年を経過しますが、全く傷みませんね。

震災でも、大きな破損はありませんでした。

 

私は、103歳まで生きることを皆さんに断言しています。

80歳すぎたら、田畑を耕します。

敷地内に茶室を造り、私が造った作物で友人達をおもてなしをするのが夢です。

三瓶邸隠居雑木林タテ型

土田設計事務所の作品を街で見かけると、嬉しくなります。

やはり、自宅を設計してくれた事務所が発展するのは、とても嬉しいものです。

その事が私の幸せであり、誇りに思います。

 

 

 

 

 

 

 

お客様の声一覧へ戻る

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 株式会社・土田建築設計事務所 All Rights Reserved.